■ 後援会規約(総合型地域スポーツクラブ創設に向け変更準備中)

【第1条】 目的
本会(後援会)は、サッカーを通じて会員相互の親睦、健康の増進などを図るとともにサッカーレベルの向上を図り、サッカーを通して地域の青少年を「人らしき人」に育成するというクラブの目的を達成するための援助を目的とする。
 
【第2条】 事業
1.「サンディーア三浦FC」の運営上必要なことの援助
2.試合などにおける応援などの動員
3.活動に必要な施設の充実に関する援助
4.会員相互の親睦と教養を深めるために必要な事項
5.その他、前項の目的の達成に必要な事項
 
【第3条】 後援会員
1.「後援会」の会員は、後援会員、賛助会員、及び特別会員による。
2.後援会員は、クラブ員の保護者または、それに代わる者とする。
3.賛助会員は、本会の趣旨に賛同する者及び財政的に支援する意識のある者とする。
4.特別会員は、クラブ員の保護者以外の指導員とし、会費の納入を免除する。
5.後援会員はクラブ員の選考、チーム編成、試合及び練習内容などの指導面については一切を指導者に一任する。
 
【第4条】 役員
1.後援会には、会長(1名)、副会長(1名)、事務局(庶務、企画、広報、など若干名)、会計(2名)の役員を置く。
  * 会長 : 「後援会」代表として、運営を統括する。
  * 副会長 : 会長を補佐して、後援会の運営に当たる。
  * 事務局 : 連絡用のプリント作成及び配布、各グランド(体育館・会議場)などの使用申込み、
     使用時の管理など、また合宿など、その他の各種行事の企画運営を担当する。
  * 会計 : 本会計、特別会計及び賛助会計の経理を担当する。
2.本会に、会員の中から次の役員及び会計監査を置く。
  * 会計監査
  * 事務局長
3.役員の任期は1年(4月より翌年3月末日まで)とし、再任を妨げない。
4.役員は総会において選任する。
 
【第5条】 会費
1.後援会費 : 後援会費、クラブ会員費の金額(月額)は、毎年度の定期総会で決定する。ただし特別会員及び賛助会員については免除する。会費は銀行口座からの自動引き落とし、または振込みのいずれかの方法を選択し毎月定期的に納入するものとする。
2.賛助会員 : 1,000円/年・口(口数は任意)納入時期は任意とする。
3.後援会の活動はボランティア活動を原則とする。従って、全会員が負担する活動に要した費用は原則として自己負担とする。
 
【第6条】 会議
1.総会 : 後援会の最高決議機関として定期総会(3月)及び臨時総会(随時)を開催する。
  * 総会は、会長が招集し、議長は会長を務める。
  * 総会の議事は出席者の過半数によって決定する。
  * 事業計画、事業報告、事業予算、会計報告・監査、役員選出及び指導者の委託・承認などの基本事項は、総会の議決により決定する。
2.運営会議 : 後援会の全役員によって構成し、後援会活動に関する必要事項を協議、決定する。運営会議は、会長が主催し、年2〜3回開催する。尚、運営会議には、サンディーア三浦FC代表者、監督、コーチが出席して意見を述べることができる。
3.コーチ会議 : サンディーア三浦FC代表者、監督、コーチによって構成し、指導目標、指導計画、チーム編成及び大会参加に関する事項などを協議決定する。コーチ会議はサンディーア三浦FC代表者が主催し、毎月1回定期的に、また随時開催する。コーチ会議には後援会の会長、副会長、会計などが出席して意見を述べることができる。
 
【第7条】 入会及び退会
入会、退会の手続きおよび会費、寄付金入金の手続きは、次の通りとする。
   1.入会金は所定の用紙を、事務局長に提出することにより行う。
   2.賛助会員は所定の用紙に寄付金を添えて、事務局長に提出する。
   3.途中入会者は、半期分を所定の用紙に添えて、事務局長に提出する。
   4.途中退会者には、会費を返済しない。
 
【第8条】 附則
この規約は平成9年3月25日より施行する。
 

Copyright (C) sandia-miura. All Rights Reserved.